Yielding Embodiment認定ワークショップPart 1(2022.08.11&09.17)レポート

Class photo 再参加お一人を含む計6名のクラス

8月11日からの3日間,Yielding Embodiment認定ワークショップ基礎編Part1を開催した。オンラインクラスをきっかけに7月9日に開催された「いずるば」でのワークショップに参加してくれた方が3名,数年前のワークショップに参加された方や安田登さんの著書をきっかけに参加を決めた方もいらした。1名は再参加という構成。

毎回構成員により内容も変わるが,今回これまでの同クラスと異なる点は,第一ポジションと呼んでいる,ちょうどいい間合いの位置を決めるところを,もっと丁寧に時間をかけることにした。肚の感覚と空間への知覚を使って第一ポジションを決めるのだが,よりベターな位置を選ぶサポートをこれまでより時間をかけて行ってみた。その位置の選択とその場所から得られる感覚に慣れる必要がある。ここが一番の肝であるが,最初は誰しも慣れないため,繰り返し練習が大切である。

丁度いい間合いから誘導される安全安心の場の感覚にまず,慣れること,それを計る肚の感覚を使い始めることがこのクラスの主旨である。写真による比較を行ったところ,いずれも身体に広がりが得られたり軸が左右どちらかに移行したことが確認できた。

丁度いい位置関係を見つける実習

参加者からの声

Rolfing Studio Jinen
Yielding Embodiment®︎のワークショップPart1 その1 Yielding Embodimentという技法を学びに東京に行ってきた。 今回は、3日間×3回ある基礎トレー…
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次